NOメディハラ(最新記事は、下のURLからクリックして移動をお願いします)
http://medhihara.seesaa.net/←ここをクリックします

2015年06月16日

強制労働の碑を阻止せよ!ビートたけしのTVタックル 2015年6月15日(明治日本の産業革命遺産)


まずは、「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています

TVタックル 2015年6月15日 後半「明治日本の産業革命遺産」
出演:
田母神俊雄  元航空幕僚長
前川惠司   元朝日新聞ソウル特派員
後藤 治   工学院大学教授 元文化庁文化財調査官
朴  一   大阪市立大学大学院教授(大切なお子さんお孫さんを行かせてはいけない大学)
洪  熒   元駐日韓国大使館公使 元韓国陸軍将校

軍艦島元住人の坂本道徳氏(61歳)「朝鮮人の強制労働については聞いたことがない。危険な労働だったので賃金が良かった。戦後、日本人と朝鮮人は一緒に机を並べて勉強していた」(36分40秒頃から)

必見、
ビートたけしのTVタックル 2015年6月15日
22分頃から、明治日本の産業革命遺産。


朝鮮人スパイ朴一と洪熒は、以前、青山先生が、ボイスで言って見えた通りのことをやってきてますね。

26分30秒過ぎから、
青山先生ボイス下動画より
>韓国は、(世界遺産登録妨害のために)2つ働きかけていて、
1つ目は、ドイツ(世界遺産議長国)が打診してきて、碑を作らせようとしており、「韓国人を強制労働させた。悪いことしました。」と碑に書き込ませる。
2つ目は、審議延期させること。(以前、イスラエルが、審議延期になった事案を取り上げ、パレスチナ紛争が終わらないと世界遺産にならない、と同様に日本も審議に持ち込んで、韓国は、永遠に難癖をつけ、させないようにしている)

青山繁晴 ザ・ボイス 2015年5月21日


タックル動画の中身に話を戻しますが、31分20秒頃から、
朝鮮人スパイ嘘吐き朴一曰く、
>負の遺産も含めて、歴史を後世の人に残すべき。歴史を包み隠さず残すべき。

などと、恥知らずなことを言っています。
明らかに、「韓国人を強制労働させた。悪いことしました。」と碑に書き込ませることが、目標であるなーと感じます。

今後、我々日本国民は、日本政府に強制労働碑を建設させないように働きかける必要があると、ブログ主も考えます。

竹島侵略、対馬漁民拿捕大虐殺、仏像泥棒、日韓基本条約を韓国の都合のよい部分だけ破棄、天皇陛下侮辱発言にいまだに謝罪もなく悪ぶれる様子なし、ワールドカップサッカーのサッカー場など数々の貸付金一切返済なしなど、明らかな敵国であることが分かりますし、関わってもろくなことがありません!

産業遺産にならなかったら、未来永劫、韓国とは、断交すべきです。
在日韓国人も強制送還する!
そうすると「あの国のあの法則」の呪われた不の法則から、開放され、日本は、上昇気流にのってきますよw

韓国とは、未来永劫、関わりたくない!日韓断交!と思われた方、
「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています
posted by koubou at 11:38| Comment(0) | 満州事変などから学ぶ歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

奈美木映里 舞台「流れる雲よ」に描く英霊たちへの思いと今井雅之さん哀悼 盟友・梅沢富美男が秘話語る

まずは、「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています

まず、本題に入る前にこの時代の時代背景を知らずして、ご先祖様方のやったことの意味が理解できないと思いますので、ご覧になってない方は、こちらからご覧いただきたく思います。
【武田邦彦】 開戦を罵倒する日本人|反日日本人・発生の経過と原因(第1回)

白人の植民地になるということは、とんでもないことになるということを当時の日本国民は、国民の共通認識として、知っていました。
戦前の新聞(特に朝日・毎日新聞)は、鬼畜米英などと戦争を煽る記事を書きまくっていたので、現在のように今尚続くGHQの検閲など情報統制がないため、書きたい放題でした。
よって、白人の悪行の真実を書きまくっていました。
このことをまずは、知識として頭に入れておいて、


本日の本題。超必見、
奈美木映里 舞台「流れる雲よ」に描く英霊たちへの思い[桜H27/6/11]

当時のこと、ご先祖様方の思いの一端が伝わってきます。
この舞台を見た人が、「靖国神社を行く」ようになるって、理解できます。


今井雅之さんのお話が、出てきてましたので、次の動画を貼っておきます。
感動、今井雅之さん哀悼 盟友・梅沢富美男が秘話語る バラいろダンディ 150528


英霊に感謝、舞台を拡散・応援したい!と思われた方、
「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています
posted by koubou at 12:00| Comment(0) | 満州事変などから学ぶ歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

大高氏、タブーに切り込み、平沼赳夫議員が「日本人を徹底して洗脳したアメリカ」をより詳しく解説。映画・ノーベル賞からも分かる戦勝国史観!


まずは、「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています

今回のブログは、是非、動画を全部見ていただきたいです。
日本が、戦後どのようなことをされ、現在のようなおかしい日本になっていったか?
その理由が、分かってくると思います。

超必見、大高氏、タブーに切り込む!
【魔都見聞録】井尻千男先生に感謝の気持ちを込めて[桜H27/6/8]

2分10秒過ぎから
>産経新聞に、このウォーギルトインフォメーションプログラムで中国共産党の日本人捕虜洗脳が原点!と言うことでイギリスの公文書館所蔵から秘蔵文書で判明した!

また、新たなGGHQの日本洗脳が新事実が、出てきました。
産経以外、一切沈黙しております。
ほんとに狂っています。

「憲法を語るB 日本国憲法も手段のひとつ  日本人を徹底して洗脳したアメリカ」平沼赳夫の警鐘塾200鐘 衆議院議員 平沼赳夫氏


【宣伝戦】ブルース・ウィリス、アンジーに続いて反日映画に起用[桜H27/6/8]


アメリカ人のための「硫黄島からの手紙」(H19.2.24)


【必聴】 白人のための平和賞 ( 武田邦彦ブログ音声より ) #武田邦彦 #武田教授

以上、お聞きいただいて、お分りになったと思いますが、
日本の産経を除く大手新聞テレビは、白人など日本人以外の反日勢力に戦後70年ずーっと加担してきたわけです。
マスゴミは、自分たちの都合の悪い真実を隠し、口裏を合わせ、今尚、情報をコントロールしています。
9条信者・左翼・日教組・日弁連・在日・活動家なども白人サイドで活動しています。
日本と日本国民の敵なんです。

ただ、ネットの普及で段々真実が、日本国民にバレてきています。
良識ある日本国民の皆々様には、このような真実を家族友人知人職場の方々に拡散していただきたく思います。

GHQの日本洗脳について、より詳しく知りたい方は、こちら でどうぞ。連続で見られます。(リンク先に飛ぶ前に「黒板」にクリックお願いします)

GHQのプログラムに今尚同調しているマスゴミは、本当にゴミだ!と思われた方、
「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています
posted by koubou at 12:23| Comment(0) | 満州事変などから学ぶ歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

超必見、【GHQ焚書図書開封】「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」関野通夫氏と語る2[桜H27/5/20]

まずは、「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています

超必見、
【GHQ焚書図書開封】「GHQ日本人洗脳工作の原文発掘」関野通夫氏と語る2[桜H27/5/20]


よろしかったら、応援クリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています
posted by koubou at 10:44| Comment(0) | 満州事変などから学ぶ歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月15日

藤井厳喜 日本は世界一の徳治社会である&外交と謝罪について 岡野俊昭&ヘンリー・ストークス氏から学ぶ 岡野俊昭&アメリカの青年達よ。 東洋には、すばらしい国がある。


まずは、「黒板」にクリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています

全ての日本国民に知っておいて頂きたい動画4本(特に若い子に見ていただきたいです)

藤井厳喜『日本は世界一の徳治社会である:中韓は反・徳治の悪徳社会である@』AJER2015.5.15


『外交と謝罪について@』岡野俊昭 AJER2015.5.15(1)


『ヘンリー・ストークス氏から学ぶ@』岡野俊昭 AJER2015.2.20(1)


アメリカの青年達よ。 東洋には、すばらしい国がある。


過去の見ていただきたい関連歴史記事
明日は、日本国民が決して忘れてはならない「昭和の日」です←ここをクリックするとジャンプします(クリックする前に黒板にクリックお願いします)

日本と日本国民は、誇りを持ち、毅然とあれ!と思われた方、
クリックお願いします。

人気ブログランキングへ参加しています
posted by koubou at 17:23| Comment(0) | 満州事変などから学ぶ歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。